東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学のページを説明

スポンサードリンク

東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学は、高木兼寛が1881年5月1日に、京橋区鎗屋町11番地(現、中央区銀座4丁目・現在、同地には、1980年5月1日に設置された、「成医会講習所跡東京慈恵会医科大学発祥之地」という記念碑があるのです。)にあった東京医学会社の一部をかりて開設した「成医会講習所」が起源であるのです。

このとき、たまたま前年に廃止された慶應義塾医学所に関わっていた松山棟庵と隈川宗悦が成医会講習所の設立に協力をしているのです。その際、松山と隈川は慶應義塾医学所の精神を成医会講習所へ導入したのです。

なお、現在ある慶應義塾大学医学部の前身である慶應義塾医学科予科は慶應義塾医学所の人材や体制を直接受け継ぐことなく、福沢諭吉の意志を想起して、1917年に設立されているのです。

これらの事情から慶應義塾では「慶應義塾医学所の精神は、現在ある慶應義塾大学医学部ではなく東京慈恵会医科大学に受け継がれている」(学校法人慶應義塾「慶應義塾百年史」1965年)と記しているのです。

さらに松山の信念から同講習所ではドイツ語ではなく英語による医学教育が実践されたのです。当時、帝國大学がドイツ流であったことから「日本橋の南にドイツの風は吹かない」という評価が当時の新聞に掲載されているのです。

また、鹿鳴館婦人慈善会図の錦絵が描く鹿鳴館を舞台とする婦人慈善会の行った慈善バザーは、もう一方の前身である有志共立東京病院に対する経済的援助を目的にしたものでもあったのです。

1921年には私立の医科大学で初めて旧制大学に昇格したのです。

大学院の改革大学院の改革
講座「21世紀の大学・高等教育を考える」 著者:江原武一/馬越徹出版社:東信堂サイズ:全集・双書ページ数:300p発行年月:2004年07月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)著しい量的拡大にもかかわらず、日本の大学院の世界からの立遅れは、今や誰の目にも明らかだ。研究と教育の有機的連関、資源・人材の適切な配分、不断の向上を促すシステムの構築等、山積する課題の突破なくして日本の未来はない。行政主導を超え内部から溢れ出る真の自己革新へ?そのための意欲・考察・提言に満ちた、講座全4巻の完結編。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 大学院改革の理論と実際(大学院改革の論理/拡大する大学院/大学院重点化政策の功罪/政府の資源配分と大学院/研究評価と大学院/学問中心地の移動?学問中心地の移動と大学・大学院の課題/学会と学界?学術研究の支援機関としての役割/夜間大学院の現在)/第2部 各国の大学院改革(アメリカの大学院?アメリカの大学院の事例研究/イギリスの大学院/ドイツの大学院段階の教育/韓国の大学院/中国の大学院/日本の大学院改革の将来)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 教育・福祉> 教育
さらに詳しい情報はコチラ≫


| 受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。