東京大学

東京大学のページを説明

スポンサードリンク

東京大学

東京大学の起源は、1684年(貞享元年)に江戸幕府が設立した天文方と、1858年(安政5年)に江戸の医者の私財によって設立された神田お玉ヶ池種痘所まで遡るのです。

1797年(寛政9年)に創設された昌平坂学問所(昌平黌)も東京大学の源流となっている(1871年に廃止されたため組織的に直接のつながりはない)のです。天文方はその後、1857年(安政4年)に蕃書調所、1862年(文久2年)に洋書調所、1863年(文久3年)に開成所と変遷していったのです。

また、種痘所も1860年(万延元年)に江戸幕府へ移管された後、1861年(文久元年)に西洋医学所、1863年(文久3年)に医学所と変遷していったのです。

これら3つの教育機関は1868年(明治元年)に、開成学校、医学校、昌平学校となったのです。それぞれ洋学、西洋医学、国学・漢学の教育機関であったが、1869年(明治2年)にはこれらを統合するため、昌平学校が大学校(本校)となり、開成学校および医学校が大学校分局とされたのです。同年のうちに大学校、開成学校、医学校は大学、大学南校、大学東校と改称されたが、1870年(明治3年)には学制改革により大学が閉鎖されてしまうのです。

1871年(明治4年)に大学は廃止され、大学南校、大学東校は南校、東校と改称されたのです。両校は1874年(明治7年)にそれぞれ東京開成学校、東京医学校と改称されたのです。

東京大学(理科ー前期日程)(2009)東京大学(理科ー前期日程)(2009)
大学入試リーズ 37出版社:教学社/世界思想社サイズ:単行本発行年月:2008年05月この商品の関連ジャンルです。 ・本>
さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。