獨協大学

獨協大学のページを説明

スポンサードリンク

獨協大学

獨協大学は、1883年に西周、品川弥二郎、加藤弘之らによって設置された獨逸學協會學校(ドイツ学協会学校; 現学校法人獨協学園)を起源とするのです。 1885年には後にドイツ帝国の帝国宰相となったゲオルク・ミヒャエリスが教頭として着任し、4年に渡って法律学を講義しているのです。 1964年、獨協学園は旧制獨協中学卒業生で、第2次吉田内閣で文部大臣を務めた天野貞祐を初代学長に迎え大学を設立したのです。 獨逸學協會學校では、現在の法科大学院と同等の教育を実施していた専攻科を1895年まで設置しており、獨協大学の源流をここに見ることができ、この時点が学園発祥の起源と言えるのです。 1964年に大学が設立された際は外国語学部(ドイツ語学科・英語学科)と経済学部経済学科の2学部3学科体制だったのです。 2年後の1966年には経済学部に経営学科を増設、翌1967年にはフランス語学科を増設したのです。 「語学の獨協」を謳い、外国語教育を中心に据えて学科を増設してきたが、2004年には法科大学院を新設したのです。 かつて明治時代に九大法律学校と呼ばれていた経緯をふまえて計画されたものであったのです。 2007年現在、1つのキャンパスに4学部8学科、4研究科を設置しているのです。 KSはエスペラント国への入り口だKSはエスペラント国への入り口だ
エスペラントで韓国旅行ポイント双書 著者:田井久之出版社:日本エスペラント学会サイズ:全集・双書ページ数:6p発行年月:1999年10月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。