明治大学

明治大学のページを説明

スポンサードリンク

明治大学

大学の略称は「明大」であり「めいだい」と発音する。京王電鉄に明大前駅(めいだいまええき)が存在する事などで、首都圏では広く認知されており、一般的に「めいだい」というと明治大学の事を指す。ただし、明治大学は、商標「明治大学」称呼「メイジダイガク、メイジ」を商標登録(第3043764号)しているが、「明大」・「めいだい」に関しては商標登録をしていない。 もともとは法律学校としてスタートしているが、商科の明治という異名を持ち、伝統的に商学で知られる。商学部は日本の私立大学で初めて設置された商学部(1904年、専門学校令による専門学校として)でもある。明治大学博物館 明治大学博物館の刑事部門の展示品から。 明治大学博物館の刑事部門の展示品から。 明治大学博物館は、以前からあった商品博物館・刑事博物館・考古学博物館を統合して2004年(平成16年)に開館した。駿河台校舎アカデミーコモンの地階にあり、前身3館から引き継いだ商品部門・刑事部門・考古部門と、大学史展示室から成る。常設展は一般に無料公開されている。 商品部門は、日本の伝統工芸品を中心とする商品の原材料、部品、製造技法、半製品から完成品にいたる製造工程、意匠の種別などを紹介している。 刑事部門では、建学の理念である「権利自由」の精神に基づき、「日本の罪と罰」に関する文書や絵画などの史料を収集し、人権抑圧の歴史に関する資料として「江戸の捕者」「牢問と裁き」「さまざまな刑事博物」を展示している。捕り物具・拷問具・処刑具などが豊富で、複製品ではあるが日本でギロチン・ニュルンベルクの鉄の処女が展示されているのはここだけである。 考古部門は、日本の石器時代から古墳時代までの各時代の遺跡から出土した発掘品を展示している。特に日本において最初に発見された石器時代遺跡である群馬県の岩宿遺跡の出土品などは、貴重な史料である。 館内には博物館図書室があり、資料の閲覧が可能である。また、売店「ミュージアムショップM2」では、博物館の刊行物のほか展示物にちなんだグッズも取り扱っている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。