立命館大学

立命館大学のページを説明

スポンサードリンク

立命館大学

大学全体 * 明治2年(1869年)、 西園寺公望により私塾「立命館」創設。中川小十郎の郷里の人間が多数学生となっている。京都府庁(太政官留守官)の差留命令により1年弱で閉鎖された。西園寺は私塾立命館を閉鎖させた際、大層残念に思い再興を誓う。その後を継いだのが秘書官の中川小十郎だった。現在の立命館大学は、文部大臣当時の秘書官中川小十郎がその名跡を譲り受けたもので、大学組織的としての連続性は絶たれたが西園寺は私塾「立命館」の後継として京都法政学校(現・立命館大学)創立にあたり様々な支援を行う事になる。西園寺の実弟末弘威麿が学園幹事に就任、同じく実弟の住友財閥当主徳大寺隆麿(住友友純)による大口の寄付を行うなど、西園寺は自分の持つ政治力、人脈用いて京都法政学校(立命館大学)に協力した。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。