関西大学

関西大学のページを説明

スポンサードリンク

関西大学

キャンパス 関西大学・・・ * 千里山キャンパス(大阪府吹田市山手町) o 法学部、文学部、商学部、経済学部、社会学部、政策創造学部、システム理工学部、環境都市工学部、化学生命工学部、エクステンション・リードセンター o 阪急千里線関大前駅下車、徒歩約5分 o 同一キャンパス内に9学部・9研究科が立地し、私立大学では福岡大学に次ぐ規模である。毎年4月になると、学内では新入生に対するサークル勧誘ビラ配り合戦が行われる。 o 第二次世界大戦後には、建築家・村野藤吾設計の学舎が建設された。学内には、法学部・文学部・政策創造学部へと続く急勾配の坂・通称「法文坂」がある。 o 関大前駅から大学正門までの一帯・通称「関大前通り」は、西日本有数の学生街である。多くの店が立ち並び、賑わいを見せている。司法省の顧問を務めていたボアソナードに学んだ有田徳一、井上操、小倉久、土居通夫、野村ちん吉ら大阪在勤の裁判官、彼らの上司である児島惟謙、自由民権運動家である吉田一士により、1886年に願宗寺に開かれた関西法律学校を起源とする。 建学の精神(校訓・理念・学是) 関西大学の建学の精神は「正義を権力から護れ」である。これは大津事件裁判において、政府の圧力から司法の独立を守り抜いた児島惟謙が創立に関わっていることが大きい。また、教育の理念を「学の実化(じつげ)」としている。戦後の復興期を経て、学理と実際の一致、学技一体の学風は脈々と受け継がれている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。