筑波大学

筑波大学のページを説明

スポンサードリンク

筑波大学

筑波大学 1872年(明治5年)の師範学校を設立を創基とし、東京教育大学を前身とする総合大学、大学院大学である。1970年代の大学紛争による大学改革の議論のなかで、新しい大学像のモデルとして、1973年10月に、東京教育大学を廃して、その資産を引き継ぎ、筑波研究学園都市建設の一環として茨城県新治郡桜村(現在のつくば市)に「開かれた大学」としての建学の理念のもと工学系・医学系なども含めた総合大学として開学され、2002年には図書館情報大学と統合した。2007年現在の学長は、岩崎洋一(2004年4月〜)。 第2次大戦終了以前にその前身が単科大学として設立された「旧官大」のグループに属している。 筑波大学は筑波キャンパスの他に旧東京教育大学の校舎・敷地も所管しており、東京都文京区大塚の旧東京教育大学の本部は東京キャンパス大塚地区(通称:大塚キャンパス)として、首都圏にある附属学校を統括する学校教育局、社会人対象の夜間大学院である大学院ビジネス科学研究科や各種研究センターが設置されている。また、つくばエクスプレス線の開業を受け秋葉原に東京キャンパス秋葉原地区(通称:秋葉原キャンパス)を置き、こちらは法科大学院などが使用している。 明治5年の師範学校設立を開祖とする茗渓会は、その後、様々な学校、大学の統合の下で成立した旧東京教育大学の同窓会となり、今日、筑波大学の同窓会として継承されている。 現在の国立科学博物館は1889年から1914年に「東京教育博物館」として再独立するまで、東京高等師範学校の附属機関として存在した。前身の東京教育大学は、4つの学校(東京文理科大学、東京高等師範学校、東京農業教育専門学校、東京体育専門学校)であり、近年では図書館情報大学と統合するなどしており、様々な機関の歴史を背景に現在に至っている。学群生10,171名、大学院生5,810名、計15,981 名、教員数1,695名(2006年5月現在)。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。