三重大学

三重大学のページを説明

スポンサードリンク

三重大学

三重大学

三重大学の教育および研究・・

共通教育を設置し、総合大学の特性を生かして専門課程では網羅できない領域の教育を全学年通じて幅広く行い、教養教育の充実をはかっている。また、語学力向上のためのTOEICや外国語検定の導入とともに、セミナー形式の演習によって国際的なコミュニケーション能力の育成に力を入れている。

農林水産分野の研究は、大正時代中期に設立された三重高等農林学校からの流れを汲んでいる。 1987年に農学部と水産学部が統合、日本初の生物資源学部(生物資源学研究科)が発足し、農林水産の自然科学、社会科学、理工学を含む総合学部となった。旧帝国大学等の大規模大学以外の地方国立大学の農学系学部は、他大学ないしは他研究科と連合大学院を形成することで博士課程を設置することが多いが、生物資源学研究科は単独で博士課程(博士後期課程)を設置している。 また、教育・研究の充実と発展のため、独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構野菜茶業研究所と独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所の両研究所と連携大学院を設置している。

教育学部は、度会県師範学校(1874年設立)と師範有造学校(1875年設立)を起源としている。

工学研究科では風力発電研究が行われており、青山高原風車群などの設置に携わっている。また、大学の敷地内にも風車が設置され大学のシンボルの1つとなっている。

医学部は2005年4月に、工学部、生物資源学部は2006年4月に大学院重点化により大学院大学となった。 なお、生物資源学研究科の大学院重点化は、旧帝国大学に続き全国の農学系研究科のなかで8番目である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。