早稲田大学

早稲田大学のページを説明

スポンサードリンク

早稲田大学

早稲田大学

学生生活

サークル活動

早稲田大学では、大学自ら「日本一である」と自称する程活発なサークル活動が行われている。2007年現在、大学公認のサークル団体は約700あり、また非公認ながら「早稲田大学のサークル」を自認し活動するサークルも多数存在する。

大学の公認を得た団体は、学生会館に部室が与えられる、活動補助金を受け取れる、新歓期に出店を設けるスペースが優先的に割り振られる、サークル名義で大学の各種施設を使用できる、といった待遇を受けられるが、会長となる教職員を確保した上で構成員が21人以上・詳細な会計報告を行うといった条件を毎年満たす必要があり、認定基準はそれなりに厳しい。そのような事情もあり、非公認のまま活動するサークルの数が多くなっている。その正確な数は不明だが、2,000、或は3,000以上とする推計もある(ただし、学外での活動を主とするサークルや活動実績のないサークルも多く含まれ、大学側でも数は把握しきれていない)。「公認」の後ろ盾は無くとも学生活動の一翼を担っていることは間違いなく、「日本一」という認識はそういった状況も踏まえてのものである。また、数多くあるサークルから目的のサークルを探す手段として、『マイルストーンエクスプレス』『ワセクラ』といった学生が発行する情報誌が存在する。

主なサークル

早稲田大学雄弁会
早稲田大学の弁論クラブである。内閣総理大臣をはじめ大物政治家を数多く輩出した。なお政治家志望の学生の親睦団体ではないため、早稲田大学卒業の政治家には当会非出身者も多くいる。1884年(明治17年)に前身の同政会が発足し、1902年(明治35年) に早稲田大学雄弁会となった。

文化団体連合会

早稲田大学宇宙航空研究会
早稲田大学理工学部公認サークルのひとつである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。