一橋大学

一橋大学のページを説明

スポンサードリンク

一橋大学

一橋大学 一橋大学では「少人数教育を重視している」としており、 特に必修のゼミナール制度はベビーブームの時代にも教員一人に対して10人前後の学生という形態を変更しなかった。 またこのゼミナールでは、「学問だけでなく全人的指導をおこなっている」のも特徴であるとしている。 一般の授業については、第二次世界大戦前は東京商科大学という単科大学であったこともあって学部間の壁があまりなく、 他学部の科目を原則自由に履修することができる。 第二次世界大戦前の学生数は大学全体で700人から1000人程度であった。 戦後は付属大学予科や付属専門部を吸収して拡張したがそれでも1学年440名(1959年)〜560名(1964年)程度であった。 しかし他の国立大学文系学部と同様に団塊世代が大学に進学する1965年以降大幅に定員が増え、現在は学部生1学年約1000人程度である。 第二次世界大戦前から外国人教師を積極的に任用するなど国際色ある教育が伝統で、 現在500名を超える留学生が在籍しており、文部科学省から大学国際戦略本部強化事業校として採択されている。 世界各国の40以上の大学等と大学間協定を締結しており、 社団法人如水会等からの支援を受け授業料・旅費・生活費が全額給付される毎年40名程度の海外留学制度がある。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。