国際教養大学

国際教養大学のページを説明

スポンサードリンク

国際教養大学

国際教養大学 授業は大部分が英語レストラン 日本の学校教育法に基づく大学として、殆どの授業を英語で教授しているが、 一部の授業(第二外国語、セミナー等)は日本語で行われている。キスマーク 入学直後の第1セメスターでは必ずEAP(English for Academic Purposes)と呼ばれる学術英語を叩き込むプログラムに所属し、 TOEFL500点とGPA2.5以上の条件を満たしてEAPを修了しなければ、 次のBE(Basic Education)と呼ばれる基盤教育の科目を履修できない。時計 留学の必須 国際教養大学の卒業要件には最低1年間の海外留学が含まれている。 つまり留学なしにこの大学は卒業できない。特定の単位数と必修科目を修め、 TOEFL550点及びGPA2.5以上の条件を満たせば自分の好きな時期に留学でき、多くは2年次の秋から3年次の秋に留学する。 留学先の大学では、自分の専攻分野のカリキュラムに合致する授業を1年間で30単位程度履修する (これは国際教養大学での履修単位数と変わらない)。 原則として提携大学への交換留学という形をとるが、例外的に提携外の大学への留学も認められる。 但し、その際は国際教養大学を休学し、私費で留学しなければならない。 現在、海外提携大学は24の国と地域の69校に及ぶ。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。