偏差値

偏差値のページを説明

スポンサードリンク

偏差値

偏差値

大学受験

偏差値導入初期〜昭和末期には大学進学率自体が低く、

平均的模擬試験受験者の学力水準も現在と比較して高かったため、

偏差値50程度の学生でも今でいう難関大学に進学できた。当時は東大でさえ、偏差値60程度であった。

しかし、現在においては大学進学率の飛躍的向上とともに、低学力層の模擬試験受験が増加し、

その結果従来と同じ大学に入学するために要求される偏差値が高く出る傾向にある。


概ね、現在の有名予備校の偏差値65は昭和の偏差値55程度であると言われる。

但し、近年は少子化に伴う志願者の減少のため、中位ランクの大学を中心に偏差値が下落している傾向にある。

しかしここで注意が必要となるのは、偏差値自体はある特定の母集団の中における本人の学力的な位置を表しているだけに過ぎず、

そこで得られた平均偏差値の多寡がその大学の社会的評価と直結しているものではないということである。

「ランク」はあくまで予備校等が自社の行う模擬試験によって各自算出しているに過ぎないものであり、

社会において世代などを超えて普遍的な価値を持つものではない。



また大学受験の場合、受験する模擬試験の違いだけでなく、

入試科目の違いから理系と文系、国公立と私立は単純に数値のみで比較できない。

一例を挙げれば東京大学理科U類の入試偏差値は、早稲田大学政治経済学部のそれを下回っていることが多いが、

東京大学理科U類の評価が早稲田大学政治経済学部より必ずしも低いとは限らない。

なお、偏差値というのは受験者の平均成績に対してどの程度離れているかを表す数値であるため、

平均点が低く、かつ多くの受験生の得点がその付近に集中しているというようなテストで高得点を取った場合には、

偏差値が100を超えることも稀にある。

だが、通常は75を上回ることや25を下回ることは非常に稀である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




| 受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。