学習院大学

学習院大学のページを説明

スポンサードリンク

学習院大学

学習院大学

全学部が一つのキャンパスで学んでいる。1つのキャンパスしか設置していないが「目白キャンパス」という名称がついている。広さは約20万平方メートルである。キャンパス内には自然が多く、豊島区内で唯一の自然林が残存している。系列校の学習院中等科・高等科と学習院幼稚園、および学習院生涯学習センターも同キャンパスにある。

明治・大正時代の古い建物や旧制時代から使用されている校舎、特異な外観のピラミッド校舎、最近建てられた真新しい校舎、隣接していた会社から買収した建物などが混在しており、独特の景観をなしている。戦前皇族が寄宿舎として使用した建物を東別館と改称し、秩父宮雍仁親王らが使用した部屋をそのまま教室に当てている。また、キャンパス内には聖域とされる御榊壇や、江戸時代に建てられた松尾芭蕉の句碑・道しるべなどもある。


大学をはじめすべての学習院系列校の学生生徒・教職員に対する福利厚生と学園生活上の様々なサービスを提供する「学習院蓁々会」という部署がある。蓁々会会長は学習院長が務め、学食や購買部などを経営している。また同会の業務委託により大学内にコンビニエンスストアローソンや書店成文堂がある。この部署があるため大学生協はない。

1847年、仁孝天皇が京都御所内に設けた公家を対象とした教育機関である学習所を淵源とする。ただし、仁孝天皇自身は前年に崩御したため、目にすることは出来なかった。1849年には勅額が下賜されたことに伴い、京都学習院となる。明治維新を経て、華族制度が整備されると1876年には華族学校という校名となる。翌1877年に華族学校学則が制定され、さらに明治天皇のもとで開校式が行われた際に改めて学習院と改名された。学習院ではこの年を学校の創立年としている。もともとは皇室の設置する私塾という位置づけであったが1884年には宮内省が所轄する正式な官立学校となる。

第二次世界大戦前の学習院は学習院学制および女子学習院学制に基づく教育機関で文部省ではなく宮内省の管轄下に置かれ、華族の子弟なら原則として無償で学習院に入ることができた。平民は当初はごく限られた人数しか受け入れられず、授業料は有償・幼稚園への入園や高等科への入学が禁止される(外部生としてしか許されない)など差別的待遇を受けた。1924年の制度改革以降も授業料の金額格差・平民の幼稚園への入園禁止など差別待遇が残り、華族を中心とした上流階級が通う学校として閉鎖性とエリート教育を維持してきた。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編
細野 真宏
小学館 刊
発売日 2003-01




日経新聞読む前にこれを読め!!

2008-01-31
すごいわかりやすくて、すばらしい本だと思う。円高と円安と日本の景気、日銀の仕事、バブル経済、バブル崩壊後の日本と景気対策、借金大国日本の現状について、そのどれもすーっと頭に入ってくる。



日本人として、常識として知っていなければならない。読んで、分かってよかった!


大学生など若者は日経新聞読み始める前にこれを読むべし!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。