成城大学

成城大学のページを説明

スポンサードリンク

成城大学

成城大学

部活動・クラブ活動・サークル活動

課外活動を行う団体は、経済学部特別団体、法学部特別団体、文芸学部特別団体、文化部連合団体、体育部連合団体、公認サークルに分かれている。

文化系クラブのクラブ塔として文連ハウスが、体育会系クラブのクラブ塔として体連ハウスがある。

文連ハウスは成城大学の卒業生でもある辻仁成の小説に度々登場している。


学部特別団体は、文芸学部の特別団体(下部団体)であるシェークスピア研究会、経済学部の特別団体である社会研究会、法学部の特別団体である司法試験勉強会、というように各学部に複数の特別団体があり、部活動を行っている。学生会系の文化部連合・体育部連合とは異なり、各特別団体の予算は、各学部からそれぞれ供出される。


よって、特別団体の活動テーマは、それぞれの学部の研究分野に関連しなければならない。また、原則として団体の部長等の役員は所属の学部生が就く。一方、その学部の学生でなければ入部できないというわけではなく、法学部の学生が文芸学部の特別団体に、経済学部の学生が法学部の特別団体に…と自由に入部して活動できます。

90年代後半まで、「軽井沢セミナー」(略称「軽セミ」)と呼ばれるサークルのような自主ゼミが毎夏運営された。毎年、有志が執行部を組織し、ゼミの参加者を募る。1ゼミ10人前後で複数のゼミをつくり、それぞれのゼミで講師の先生(大学の教授、助教授、講師)に講義を依頼して、夏休みに軽井沢にある成城大学の施設「白樺荘」で、合宿形式のゼミを行った。完全な学生の自主性によるゼミであり、学部の別も問わなかった。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



富井の古典文法をはじめからていねいに―大学受験古文 (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)富井の古典文法をはじめからていねいに―大学受験古文 (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)


富井 健二
ナガセ 刊
発売日 2002-09




参考書はやはり読みやすさが重視される 2007-11-22
古典文法など結局は暗記ものなので、

それなりの参考書を一冊仕上げておけばほとんど問題はない。



そんな中でこの本は文法の初歩の初歩から語っている本だが、実に読みやすい。

望月の参考書は2冊あるが、これなら1冊だ。何よりも別冊が薄く、他の参考書の中に紛れ込ますことができる。



この本に文句をつけるならば、助動詞の項にページを割きすぎていて、他の場所の説明が少々浅い気もする。特に敬語の説明が薄く、敬語が重要視される古文でこれは少々痛い。識別においても、もう少し突っ込めるところがあった。

ただ、助動詞の意味識別は確かに例外パターンもあるが、そんなにいい加減なものでもないので結構当てはまるし、文法を終えて古文を実際に読んでいくと、どうやって訳せばいいのかは自然とコツがつくものである。だから心配することはない。

特に「む」の識別を上の主語で判断するのは、古文を読む上で非常に大事なテクニックである。「べし」についても詳しく書いてあるが、「べし」に関してはここまで神経質になることはない。まず当然の意味で訳して、駄目な時だけ違う訳を考えればよい。



CDについている助動詞接続の歌は本当にすばらしい。それ以外の部分はよほど出来ない人でない限りはおまけ程度のものだろう。



そして忘れてはならないが、仮にどの文法書を選ぶとしても、あくまでインプット中心であることを忘れてはならない。一応説明の後に問題がついているが、入れたことを実践する確認程度にすぎない。これと合わせて何か別に文法ドリルを繰り返すことが大事である。



文法はどうしても敬遠しがちだが、一度終えてみると覚えなければならないことは意外に少ない。

コツさえ身につけば満点を取ることも難しくないので、まずはこういう講義系の文法本でコツの初歩を身に着けるべきである。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。