専修大学

専修大学のページを説明

スポンサードリンク

専修大学

専修大学

専修大学の前身である専修学校は「創立主旨」において2つの姿勢を示したわ。

まず、“力ヲ専攻ニ致サザルベカラズ”と宣し、

各科兼修ではなく一科専修の専門学校をめざして経済・法律の2科をおいたのね♪

そして“其他諸科ニ至テハ将サニ漸次計画スルトコロアラントス”と示して、経済法律専修学校として開学したのね。

専修学校とはこれの略称で、一科を専修し、一学を専攻して学問の蘊奥を究めさせるという方針を含意させたものであるわ。

この方針は、イェール大学大学院(相馬・田尻)、ハーヴァード法律学校(目賀田)、ラトガース大学(駒井)における専門教育課程での経験、教育制度にならったものと言えるわ。
最新脳科学が教える 高校生の勉強法    東進ブックス最新脳科学が教える 高校生の勉強法 東進ブックス
池谷 裕二
ナガセ 刊
発売日 2002-03


高校になると勉強内容が急に難しくなり、ついていけなくなったと悩んでいる高校生は多いに違いない。だが、勉強方法を変えることでそんな悩みは解消できると説いているのが本書。高校生の年頃は脳の性質の転換期に相当し、記憶のパターンや種類が変化して、丸暗記よりも論理だった記憶能力が発達する。だから、それに合った勉強法があるというのだ。
本書では、気鋭の脳科学研究者が、科学的根拠に基づいて脳のルールや記憶のメカニズムを分かりやすく説き、「記憶力を鍛える方法」を伝授する。そもそも脳は、物事を忘れるようにできており、記憶させるには脳をだますしかない。それは繰り返し覚えること、つまり「復習」が必要となるが、復習の仕方にも効果的な方法とタイミングがある。また、睡眠は記憶の定着に大いに寄与している。だから、徹夜の勉強は非効率というわけだ。さらに、記憶には「経験記憶」「知識記憶」「方法記憶」があり、知識記憶を高度な経験記憶としていくことや知識記憶を方法記憶に結びつけていくことが記憶する上でのポイントだとし、そのための勉強方法を解説する。
『高校生の勉強法』という書名から一般の人は手に取りづらいので、その点で損をしているが、脳と記憶のメカニズムを知る上では一般の人にもおすすめの好著である。とくに中学、高校の子どもがおり、勉強に悩んでいるようであれば、子どもと一緒に読んで効率的な勉強法や記憶について考えてみてはいかがか。(清水英孝)

学習の標準モデルを提示してくれている 2008-03-12
この本を読んで、普通のことが書かれていると残念がる人、チョッと待ってください。余りにも普通だと思っているあなたは、良い勉強法を採っていた事になります。学問に王道なしと言いますが、その王道を示してくれている本は数少ないのです。世間一般には奇を衒った勉強法が溢れています。この本に書かれている勉強法は、脳科学を抜きにしても、学習の標準モデルです。標準モデルほど効果の上がる勉強法は無いし、それを脳科学の知識でハッキリ裏付けてくれるので、実際の勉強に迷いが無くなります。さらに、大人の方にもこの勉強法は有効だと著者も書いてくれています。最近発売された、竹内理さんの『達人の英語学習法』の内容も、この本に書かれていることと同様でした。脳科学に立脚した、優れた学習の標準モデルだと思います。読みやすさも抜群です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。