専修大学

専修大学のページを説明

スポンサードリンク

専修大学

専修大学

文学部

文学部ではゼミナールと卒業論文が必修である。

大抵の大学が卒業論文の論文審査は教員一名(大抵は所属したゼミナールの教員)で行われるのに対し、本学の文学部人文学科の哲学人間学専攻と歴史学専攻では複数名の教員によって論文審査が行われる。

これは大学院の博士論文審査などでは当然のことだが、学部の卒業論文では珍しく、大変贅沢なことであると言える。

入学した学科、専攻に所属しながら、その学科、専攻が学問的に軸としているテーマと異なるテーマを選び、諸分野の横断的な学習・研究が可能なテーマ学習という制度がある。

この授業は各学科、専攻の授業の如く、概論、特殊講義、ゼミナール、卒業論文などで構成され、系統だった学習・研究が可能である。

「アジア研究」、「ヨーロッパ研究」、「情報メディア研究」、「人間発達研究」というテーマが用意されている学科、専攻にかかわらず受講できる授業として、マスコミ・ジャーナリズム講座というものも設置されている。

一部の学科を除き、この講座の専門のゼミナールを受講し、卒業論文としてまとめて、卒業することも認められる。


学園祭

学園祭はキャンパスごとに行われ、名前も生田キャンパスでは「鳳祭」、神田キャンパスでは「神田鳳祭」というように異なる。

「神田鳳祭」は「鳳祭」よりも約1ヶ月近く早く行われる。

「神田鳳祭」の会場は、法学部の専門課程があるものの、二部の学生が中心の神田キャンパスだが、一部、二部の分け隔てなく行われる。



学生食堂

専修大学生田キャンパス内にある学生食堂は2007年に130年記念館が設立されて、合計11店となっている。

端末室

コンピューター関係で長い歴史を持つ専修大学だが、1号館と3号館と120周年記念館(9号館)と130周年記念館(10号館)に端末室がある。他にも図書館に蔵書検索OPACがあり、様々な箇所にコンピューターがある。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。