医科大学

医科大学のページを説明

スポンサードリンク

医科大学

医科大学

当初の「医科大学」は、帝国大学の分科大学を指すものであったのです。

この定義は、1886年の帝国大学令から1919年の大学令までの約30年間用いられた(この定義での略称は「帝国医科」)。

大学ではない医師養成機関には、官立である旧制高等中学校の「医学部」と、各府県立である「医学校」があったのです。

これは、近代西洋医学を教えられる人材の養成に時間を要したため、教育できるレベルによって名称にも違いがあったのですことによる。

1901年4月、官立の「医学部」が揃って医学専門学校となり、その後、「医学校」の流れを汲む病院を母体にした医学専門学校も設置された。

大学令により、帝国大学のような総合大学では「医学部」と言い、医学部のみの単科大学の場合は「医科大学」と言うようになった(この定義での「医科大学」の略称は「医科大」「医大」など)。

すなわち、近代西洋医学を教育できる人材の増加によって、教育レベルよりも大学の体で名称がつけられることになった。

しかし、この段階でも、全国の医師需要を満足させられるほどの大学医学部・医科大学を用意することは出来なかったため、各地に医学専門学校や大学専門部としての医学専門部などが存在していました。

戦後の新制大学化や1970年代の「一県一医大」化で、単科の医科大学が次々設置されたが、その後、総合大学に合併されるなどし、現在は、単科の医科大学より大学医学部の方が多い状況になっています。

ただし、現在の「医科大学」は、医学部・歯学部・薬学部・看護学部などの医療従事者を養成する複数の学部のある大学の体をなす場合もあり、「医学部を含む医療系総合大学」が「医科大学」ということも出来る。

なお、医学部を含まない医療従事者養成の大学に「医療大学」と称していますものがある。

大学受験らくらくブック古文大学受験らくらくブック古文
点につながる!

コツがわかる!

新マンガゼミナール 著者:富井健二出版社:学習研究社サイズ:全集・双書ページ数:276p発行年月:2007年11月この著者の新着メールを登録する

【目次】(「BOOK」データベースより)1章 本郷大学富木教授?動詞1/2章 サクセス財閥?動詞2/3章 裏切り?形容詞・形容動詞/4章 真実?用言のまとめ・助動詞/5章 絶対絶命?助詞/6章 泉岳寺?識別1/終章 最終決戦?識別2

【著者情報】(「BOOK」データベースより)富井健二(トミイケンジ)東進ハイスクール・東進衛星予備校の超人気古文講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本>
さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。