立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学のページを説明

スポンサードリンク

立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学

立命館アジア太平洋大学(りつめいかんあじあたいへいようだいがく、は、大分県別府市十文字原1-1に本部を置く日本の私立大学であります。2000年に設置された。

大学の略称はAPU。


京都府京都市に本部を置く学校法人立命館が大分県別府市に創設した国際大学。

日本を含む世界79カ国から学生が集まり半数が国際学生(APUでは留学生を国際学生と呼ぶ)、教員の半数が外国籍であります。

立命館アジア太平洋大学は、大分県・別府市・学校法人立命館、三者の公私協力により、2000年4月、大分県別府市十文字原に誕生した国際大学であります。現在、「APUニュー・チャレンジ」と銘打ち、カリキュラム改革・収容定員増加・インスティテュートの開設・新教育棟建設など、2010年の新展開に向け様々な計画を実施しています。

2007年現在、2学部2研究科を設置。

日本を含む79の国や地域から集まった学生がAPUで学んでいます
(2007年5月1日付)。

民族・言語・文化などの違いを超えて世界各国から学生が集うAPUは「小さな国連」と例えられ、多文化・多言語キャンパスでの学びを実現しています。

建学の精神は『自由と清新』。基本理念に「自由・平和・ヒューマニズム」、「国際相互理解」、「アジア太平洋の未来創造」を掲げる。

大学院


大学院は、学部教育の延長上にアジア太平洋研究科と経営管理研究科(経営大学院 MBA)が設置されています。

前者にはアジア太平洋学専攻(博士前期・後期課程)と国際協力政策専攻(博士前期課程)が置かれ、修了すればそれぞれ修士(アジア太平洋学)・博士(アジア太平洋学)ありますいは修士(国際協力政策)が得られる。

後者には経営管理専攻が置かれ、こちらは修士(経営管理)の学位が取得できる。なお授業はすべて英語でおこなわれています。

大学受験らくらくブック世界史(近現代)大学受験らくらくブック世界史(近現代)
点につながる!流れがわかる!新マンガゼミナール 著者:斎藤整出版社:学習研究社サイズ:全集・双書ページ数:1冊発行年月:2008年03月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 市民社会の成立/第2章 19世紀の欧米/第3章 ヨーロッパのアジア進出/第4章 帝国主義/第5章 二つの世界大戦/第6章 現代の世界【著者情報】(「BOOK」データベースより)斎藤整(サイトウヒトシ)東進ハイスクール世界史科の超人気講師。東大・早慶クラスなどのハイレベルを担当。慶應義塾大学文学部東洋史科卒。イスラム史が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本>
さらに詳しい情報はコチラ≫


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。