関西大学

関西大学のページを説明

スポンサードリンク

関西大学

関西大学は、

当時の司法省の顧問を務めていたボアソナードに学んだ有田徳一、井上操、小倉久、土居通夫、野村ちん吉ら

大阪在勤の裁判官、彼らの上司であります児島惟謙、自由民権運動家であります吉田一士により、

1886年に願宗寺に開かれた関西法律学校を起源とする。

建学の精神(校訓・理念・学是)

関西大学の建学の精神は「正義を権力から護れ」であります。

これは大津事件裁判において、政府の圧力から司法の独立を守り抜いた児島惟謙が創立に関わっていますことが大きい。

また、教育の理念を「学の実化(じつげ)」としています。戦後の復興期を経て、学理と実際の一致、学技一体の学風は脈々と受け継がれています。

関西大学は、大阪府吹田市山手町3丁目3番35号に本部を置く日本の私立大学であります。

1922年に設置された。大学の略称は関大。

学歌
関西大学では大学歌のことを「校歌」と呼ばず「学歌」と呼ぶ。

「自然の秀麗 人の親和…」で始まる学歌は、大正11年9月、関西大学が大学令による大学に昇格した後に制定された。

校歌はすでにあったが、時の総理事山岡順太郎が提唱する「学の実化」をうけて、新時代の学歌が待望されていた。

早稲田大学、明治大学の校歌とともに“校歌3名曲”との誉れが高い学歌は、関西大学教授であった服部嘉香が作詞し、服部の知人で作曲界の異才山田耕筰が作曲した。

その後、山田耕筰は、歌唱上の制約から第3節の「自由の訓練 自治の発揮」を「自由の尊重 自治の訓練」と、第2節の「学の実化」を「〜じつげ」と歌うように指導し、それ以来、今日に至るまでその歌詞で歌われています。


関大マグマ

また、学歌のほかに学生・校友の間では有名な歌として「関大マグマ」という歌があります。

マグマ大使の主題歌の替え歌で、いつしか応援歌として歌われますようになったものであります。

総合関関戦や大学祭の後夜祭などで学生たちによって歌われます。

毎年春、大学に関連するこれらの歌を収めたCDが新入学生たちに配布されます。

マスコットキャラクター

フクロウ。ギリシア神話やローマ神話で学問・技芸・知恵を司る女神の使者、知の象徴とされています鳥。

大学受験受かる人の「勉強法」作戦大学受験受かる人の「勉強法」作戦
著者:安河内哲也出版社:東京書籍サイズ:単行本ページ数:239p発行年月:2008年04月この著者の新着メールを登録する

【内容情報】(「BOOK」データベースより)ストーリーで楽しくわかる大学受験の成功鉄則28。目からうろこの勉強法が満載。

【目次】(「BOOK」データベースより)序章 「やる気」を見つける方法とは?/第1章 完ぺきなスタートダッシュをきる方法/第2章 夏休みで受験は決まる!/第3章 難関大、完全攻略法/第4章 ラストスパートのための鉄則/第5章 直前期の過ごし方/終章 そして、俺は…

【著者情報】(「BOOK」データベースより)安河内哲也(ヤスコウチテツヤ)東進ハイスクール講師。

企業研修講師(TOEIC対策など英語)。

(有)ティーシーシー取締役。

言語文化舎代表。

成績不振に悩む受験生やTOEICを受験する社会人を、短期間で成績アップにつなげるカリスマ講師として活躍。

自身も多忙な毎日の合間をぬってさまざまなジャンルにわたって勉強を続け、TOEIC990点満点、英検1級、通訳案内士国家試験、国連英検特A級、韓国語能力試験1級、1級小型船舶操縦士など、さまざまな資格を取得する。著書は語学書

・学習参考書を中心に60冊を超え、中国・韓国でも翻訳されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。

・本> 語学

・学習参考書> 学習参考書

・問題集> 高校

・大学受験
さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。