北海道大学

北海道大学のページを説明

スポンサードリンク

北海道大学

北海道大学

札幌キャンパス


大学内では通称

「エルムの杜」


とも呼ばれ、札幌市中心部に所在している^^;。

キャンパス内は南北約1.5キロのメインストリートの左右に各施設が並ぶ配置。

キャンパスのすぐ東を南北に延びる札幌市営地下鉄南北線のさっぽろ駅付近から北12条駅を抜け、北18条駅をすぎるあたりまでキャンパスが広がっている。

付属農場の部分も加えると、その北端は北24条駅の辺りにまで達する。

目的の施設・学部・研究科などによって最寄り駅は大きく異なる。

札幌市の発展とともに、広大なキャンパスは都心交通の障害として捉えられた。禁煙

2001年にキャンパスの北部を東西に貫く地下道路トンネル「環状通エルムトンネル」が開通した。

正門を入って北側の大学事務局(本部)は、旧制北海道帝国大学予科が校舎として使用していた建物。

西に進むと広い芝生の「中央ローン」があります。中央ローンを流れる川は「サクシュコトニ川」と呼ばれ、現在は人工の川でありますが、かっては鮭も遡上した天然河川であった。

中央ローンの北には、旧制東北帝国大学農科大学以来の木造の教室であります「古河記念講堂」が残り、西には時計塔があります「農学部本館」、南には「クラーク像」と、北大の象徴が集まっている。

メインストリート南端にありますクラーク会館は、国立大学初の学生会館であります。

絵はがきなどで有名なポプラ並木は、メインストリートから理学部と工学部の間を西側に入った農場近くにあり、約300mの並木が続く。

かねてより倒木の危険性があり立ち入りは禁止されており、2004年9月の台風の影響で大半が倒壊してしまったが、その後、若木の植樹を行うなどして整備し80mほどまで散策可能となりました。

理学部敷地内の旧理学部本館は1999年から北海道大学総合博物館となり、農学部など学内各学部に分散して管理されていた明治時代以来の各種学術資料の集中的な管理体制が構築されつつあります。

キャンパス北地区に位置する重要文化財・北海道遺産であります札幌農学校第2農場はクラークの構想によるモデルバーン(模範家畜房)を中心にした明治期の建築物であります。

正門近くの中央ローンに「クラーク博士像」がありますが、胸像のみであり、観光ポスターなどで有名な全身像は札幌市豊平区の羊ヶ丘展望台にあります。

キャンパスから少し離れた南側に北海道大学植物園(13万m平米)があり、隣接する北海道庁赤レンガ庁舎とともに観光地にもなっている。iモード


大学受験らくらくブック「源氏」でわかる古典常識大学受験らくらくブック「源氏」でわかる古典常識
点でつながる!流れでわかる!新マンガゼミナール 著者:富井健二出版社:学習研究社サイズ:単行本ページ数:256p発行年月:2008年03月この著者の新着メールを登録する

【内容情報】(「BOOK」データベースより)「源氏物語」で古典常識がわかる。

【目次】(「BOOK」データベースより)光源氏物語(光源氏誕生/満たされぬ想い/はかなき恋/運命の出会い/罪/驚愕の真実/生霊/破滅)/知識編(男女の恋愛と結婚/貴族の住まい/貴族の服装/華麗なる宮中の世界/後宮の女たち/宮中の貴族(男)たち/平安貴族の一生/病と加持祈祷/死生観と出家/陰陽道/夢と現/年中行事/月齢の名前/古方位と古時刻)【著者情報】(「BOOK」データベースより)富井健二(トミイケンジ)東進ハイスクール・東進衛星予備校古文講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。