慶應義塾大学

慶應義塾大学のページを説明

スポンサードリンク

慶應義塾大学

慶應義塾大学

三田祭


三田祭は、毎年11月23日前後に例年4日間行われる。運営していますのは三田祭実行委員会。

学校法人慶應義塾では三田祭の規模は日本国内最大でありますと考えており、

大学案内などの広報資料でもそのように謳っています。三田祭のイベントとして行われるミスコンテストの優勝者『ミス慶應』は、その後女子アナやタレントになることが多く、芸能関係者の間では注目されています。

このように華やかさばかりに目が向けられる三田祭でありますが、三田祭発表として経済学部・商学部・法学部・文学部・メディア・コミュニケーション研究所のゼミナール論文発表なども行われており、3年生の活動の中心に置くゼミも多い。

三田祭開催の1〜2週間前には、前夜祭がほぼ毎年行われており(前夜祭のみ日吉キャンパスで行われる)、有名人のコンサートが開催される。 

卒業OBの多くが母校の文化祭を訪れるのが慶應の特徴であり、三田祭の開催時には日吉の駅前や三田通りに、慶應の校章が描かれています紙バックを持ったOBで賑わう。

大学では「学問の再編成」をキーワードとして自由度の高い履修システムを使用しています。基本的に各授業には学年による履修制限を課さず、学部1年生から専門的な授業を履修できる。また、学部と大学院で共有する授業を多く設置しています。

また、「半学半教」の理念から学生、特に学部生の雇用に積極的であります。具体的には図書館スタッフ、コンピュータやマルチメディアの相談員、キャンパス内の設備利用ガイドの編集員、教育補助員 (学部生はSA、院生はTAと称する) などであります。

湘南藤沢キャンパス内にあります湘南藤沢中・高等部と大学の連携として、湘南藤沢中・高等部の「ゆとりの時間」という選択授業の中で一部大学授業を履修できる。


中学入試国語のルール (講談社現代新書 1935)中学入試国語のルール (講談社現代新書 1935)
石原 千秋
講談社 刊
発売日 2008-03




中学入試問題の解説を通じて、日本の国語教育の問題点も明らかにする 2008-03-21
「最近の若者の日本語は乱れているとよく言われます。

しかし、少なくとも私の研究対象である明治維新以降、日本語が乱れていなかった時期はありません」「比較文化論が取り出す日本人像は、協調性があって、時間に正確で、理不尽なルールや法律も守り、お上に弱いというものです。これでは日本に未来はなさそうです」。



ちょっぴり毒気のあるコメントが、ところどころ顔を出す。面白い国語文章読解指南本である。



本書は、数々の中学入試の国語の文章読解問題を分類して紹介して答えを導くコツを伝えることを目的としながらも、日本の教育が抱える問題とその背景にあるものについても同時に鋭く読者に問いかけている。いや、ひょっとすると、むしろそっちの方が狙いではないかと思われるくらいである。



「日本の国語教育は道徳教育です」「中学入試の小説問題は他人の心を理解することが基本になっている」「中学入試国語における正解は、とりあえずの答えでしかない」と、日本の国語教育の「正解至上主義」に強い警鐘を鳴らしている。

だから、問題文を批評的に読むことを求める国際的なテストでは日本は惨敗しているとのことだ。そしてそれが、社会に出て正解の無い問題に直面したり研究で自由な課題を与えられたときに戸惑う数多くの若者を生み出している原因になっていることを強く暗示している。



「親が学校に求めているのは学力であって、イデオロギーや愛国教育ではないのです」「大切な中学受験ですが、子供の心はもっと大切です」「社会が言う協調性とは、お前は社会の歯車になれというメッセージです」。単なる文章読解の解説本の枠を超え、この国の教育のあり方に一石を投じる部分も秘めた一冊である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


| 受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。