大学受験

大学受験のページを説明

スポンサードリンク
Site Menu

専修大学

専修大学(せんしゅうだいがく、英称:Senshu University)は、東京都千代田区神田神保町3-8に本部を置く日本の私立大学である。1923年に設置された。大学の略称は専大。 専修大学は、1880年9月に相馬永胤・田尻稲次郎・目賀田種太郎・駒井重格らが創設した、専修学校が母体となって設立された大学である。専修学校は当時の東京府への開校届出を1880年8月7日に登記し、実質的に日本最初の私立法律学校となる。設立当時の校舎であった京橋区南鍋町の簿記講習所、木挽町の明治会堂は福澤諭吉の提供、尽力による。公家文書である「菊亭文庫」の所蔵でも知られている。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

螢雪時代

螢雪時代 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 螢雪時代(けいせつじだい)は、旺文社から刊行されている大学受験生向けの月刊雑誌。 そもそもは旺文社の学年別学習雑誌として発行された雑誌である。中学一年生から高校二年生までは、それぞれ『中一時代』〜『高二時代』と学年名と対応していたが、高校三年生だけは大学受験を控えた世代という事で『螢雪時代』となった経緯がある。螢雪という名称は、中国の故事である「螢雪の功」(夏は螢の光で冬は雪明かりで勉強する、転じて苦労して勉学に励む事)から取られた。 創刊は1932年で、現在では日本唯一の定期刊行大学受験専門誌である。現在でも大学受験産業および高等学校の進路指導において権威を持っており、『サンデー毎日』の大学受験特集とともに大学受験に関する歴史を調査においては欠かせない資料となっている。 1970年代頃までは全国規模の予備校などはなく、東京や大阪といった大都市圏に両国予備校や研数学館といったローカル予備校が存在しているだけであったため、螢雪時代は地方に住む大学受験生の受験勉強に欠かせない雑誌であった。現在では大学受験の併願対策や心構え、合格後の大学生活に関するアドバイスなど受験指導そのものよりも生活面などでのサポートが誌面の多くを占めている。

大学受験ラジオ講座

大学受験ラジオ講座 大学受験ラジオ講座(だいがくじゅけんらじおこうざ)は、文化放送やラジオたんぱ(現:ラジオNIKKEI)など全国のAM,FM,SWラジオ放送局で放送された番組。1952年3月31日〜1995年4月2日に放送された。ブラームス作曲の「大学祝典序曲」がテーマ曲として使用された(ただし末期はポップ調にアレンジ)ことでも知られる。通称「ラ講(らこう)」。教育出版事業の旺文社単独提供番組。基本的には毎日1講座30分単位で2本放送された。なお放送開始・終了、講義開始前・終了時のアナウンスは各局それぞれで行っており、あいさつが異なるケースさえみられた。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

編入学試験

学部の途中年次に入学する試験(編入学試験)  短期大学・高等専門学校や専修学校専門課程(専門学校) の卒業者及び卒業見込み者、4年制大学2年次修了者などを対象とした「編入学」試験を行う大学も多い。これは主に、大学3年次に入学する者を選抜する試験である(編入学年次を2年次とするところや、文系学部や医学部等においては受験資格を大卒・大卒見込みとする場合もある)。  編入学試験の試験科目は、語学・専門科目・面接という場合が多いが、理系学部では、さらに理数系科目が追加される場合がある。試験は各大学・学部の独自作成問題による。また、工学部等の特定学部では、高等専門学校等の同一専攻の卒業見込み者を対象に推薦編入学制度を持つ場合も多い。私立大学が系列や提携の短期大学・短期大学部に対して推薦編入学枠を用意している場合もある。  選考実施の時期は 夏季〜9月にかけて行われる場合や年度末の2〜3月にかけて行われる場合が多い。編入学定員を設けて行う場合の多くは前者であり、後者の場合は欠員補充の意味合いが強い。しかし、12月に実施されるケースもあり、選考時期として特に統一された時期は無く、各大学・学部の自主性に委ねられている。

螢雪時代

螢雪時代 螢雪時代(けいせつじだい)は、旺文社から刊行されている大学受験生向けの月刊雑誌。 そもそもは旺文社の学年別学習雑誌として発行された雑誌である。中学一年生から高校二年生までは、それぞれ『中一時代』〜『高二時代』と学年名と対応していたが、高校三年生だけは大学受験を控えた世代という事で『螢雪時代』となった経緯がある。螢雪という名称は、中国の故事である「螢雪の功」(夏は螢の光で冬は雪明かりで勉強する、転じて苦労して勉学に励む事)から取られた。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

入試科目

入試科目 文系 私立大学の文系学部では「英語+国語+選択科目1科目」が主流である。英語以外の外国語としてドイツ語・フランス語などが選択可能な場合もある。私立大学文系の選択科目は日本史・世界史・地理・政治経済・数学などから1科目選択するケースが多い。 特に日本史・世界史は、ほとんど全ての私立大学の文系学部で選択可能である。地理・政治経済・数学が選択できるかどうかは、個々の大学・学部による。数学が選択可能な場合、出題範囲は最も広くとも「数学I・A・II・B」という高2までに履修する範囲で、本格的な微分積分を除かれている。中には「数学I・A」(高1までの範囲)で受験できる場合もある。この「数学I・A・II・B」を「文系数学」と呼ぶこともある。これらの他、哲学科などがある私立大学では倫理が選択できたり、現代社会を政治経済の代わり、ないしは政治経済と共に選択科目として認めている場合もある。

私立大学

私立大学の一般入試 入試日程 私立大学の一般入試は大学入試センター試験直後の1月下旬頃から順次始まり、2月下旬から3月上旬頃までに実施されるというのが大まかな流れである。 一般に受験機会は1回のみだが、学部・学科を違えての学内併願は自由にできる。また、全学部共通の特別な受験日程を、各学部の入試と日にちを前後して実施する大学もあり、こうした大学では受験生は第1志望の学部・学科を少なくとも2回受験できることになる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。